ピンクのバスルームシンク

とベンと私が少しの小さなコンドミニアムを購入したとき、私たちは急いで骨折していました。それは私たちの結婚式のイベントの直前であり、同様にクロスカントリーの動きを計画していました。クレイジータイムズ。

私たちはいくつかを狩り、ピンクのコンドミニアムで提供されることになりました。いいえ、外側はピンクではありませんでしたが、他のものは何でもありませんでした。場所のあらゆるインチがペプトビスモの色合いに塗られていると述べたとき、私は嘘をついていません。引っ越す前に塗り直しましたが、ピンクのシンクを変更するためのお金がありませんでした…
私の最新のビデオ

貧しい走りから学ぶ
悪い実行が発生します – ここで私がそれを通り過ぎた方法と、次のランから発見された方法です。あなたを支援するためのヒントは、あなたのトレーニングの中立的な見物人になることで、はるかに優れたランナーになりました。

その他のビデオ

0秒の3分48秒

次は
マラソントレーニング3日目
00:51

ライブ
00:00
08:21
03:48

私たちはまだそれを修正するための資金を持っていません(ええと、3週間の間に猫/歯/ラップトップを損傷しました)。だから、私はあなたに私たちの悲劇的なピンクのシンクを見せたいと信じていました。注:バスルームのピンクを装飾することを拒否しているため、マルチカラー装飾は粘着性に追加されます。

誤解しないでください、私はピンクが好きです!私が昼食に利用したプレースマットは私のお気に入りの1つですが、ピンクのシンクですか?私はあなたが今まで訪れた状況でこれをあなたに言っているだけです。私がそれを選んだと信じてほしくありません。 Pepto.Bismo。

カラフルといえば…昨日、私はTJから1.99ドルの水仙を購入しました。

今日、彼らはこのように見えます:

それが好きです!ラスベガスはそうします。

ワークブックを送ってください

保存

共有は思いやりがあります!

シェア

つぶやき

ピン

シェア

郵便

シェア

これらを続けてください:

ジャガイモとチョリソタコスのレシピ

ジャガイモとチョリソタコスのレシピ

シンプルなジャガイモとランナー用のチョリソタコスベジタリアンレシピ。私のメキシコの伝統的なチョリソの軽いバージョン。ランナーレシピ

フムスのレシピは最高級のコンセプト国立フムスの日

フムスのレシピは最高級のコンセプト国立フムスの日

こんにちは!国立フムスの日です!フムスはまだ私のトップ5の好ましい食品の1つです[4つのOをすべて理解している場合、ボーナスポイント

3-2-1野菜でチーズのグリル

3-2-1野菜でチーズのグリル

野菜グリルチーズのレシピ。ナショナルグリルチーズの日のための健康的なグリルチーズ。本物のカリフォルニアミルクの最高級グリル

シートパンエビタコスとクリーミーなコリアンダーソース

シートパンエビタコスとクリーミーなコリアンダーソース

シンプルなエビタコスシートパンレシピ。タンパク質とトッピングされたWを詰めたコリアンダークリームソースを添えた軽いエビのタコス

ニンニクバジルヨーグルトディップと一緒にズッキーニピザが噛みつきます

ニンニクバジルヨーグルトディップと一緒にズッキーニピザが噛みつきます

ニンニクヨーグルトディップでズッキーニピザが噛みつきます。ズッキーニ地殻とモッツァレラチーズで作られた健康的なピザ。プラスハイプロー

ブロッコリーのレシピ付きのシンプルなスカラップポテト

ブロッコリーのレシピ付きのシンプルなスカラップポテト

ブロッコリーの光レシピを交換したシンプルなスカラップポテト。野菜は家庭に優しいサイドミールポットラックレシピを詰めましたshareaholicによる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

カイロプラクティックケアはI型糖尿病(ケーススタディ)カイロプラクティックケアはI型糖尿病(ケーススタディ)

カイロプラクティックケアを強化しますI型糖尿病(ケーススタディ) デイビッド・ジョッカーズ博士 (NaturalNews)米国の300万人以上がI型糖尿病と診断されています。 この状態は、免疫系がインスリンを破壊し、膵臓のベータ細胞を生成する自己免疫状態について考えられています。 新しい状況調査では、カイロプラクティックの調整により、この障害に対処する4歳の子供の能力がどのように改善されたかを正確に示しました。 英国の大規模な調査研究により、1型糖尿病は1985年から2004年の間に5歳未満の子供で5倍に増加したことが明らかになりました。それらのまったく同じ年には、15歳未満の子供で2倍になりました。 I型糖尿病と診断されています。 他のヨーロッパ諸国と米国の研究でも同様の結果が示されています。 環境の危険要因 多くの典型的な危険要素には、環境毒素や他のストレッサーへの暴露が含まれます。 毒素のリストには、農薬、除草剤、および家庭用クリーニング剤が含まれます。 さらに、低温殺菌牛乳、グルテン、加工大豆、ピーナッツ、卵などの食物アレルゲンは、トリガーの可能性があると考えられています。 母性および乳児のビタミンD3レベルが低いだけでなく、6か月未満の母乳育児も非常に大きな危険要素であるようです。 上部頸椎に影響を与える出生外傷は、一部の専門家によって危険な要素として仮定されています。 Journal of Pediatric、Maternal、&Homeers Health and Wellnessの2011年11月版に掲載された最近の状況調査研究は、4歳の子供の状況を提出しました。 子供のお母さんは、彼女を非常に健康な赤ちゃんであると説明しました。彼は、12か月間母乳で育てられただけでなく、まったく予防接種を受けていませんでした。 彼女は2歳でI型糖尿病と正式に診断されました。 世帯は、健康的なホールフードベースのダイエット計画と、加工食品や他の環境毒素を避けたものを食べました。 神経エンド免疫学の機能を理解する 神経質な内分泌系と免疫系は、協力して協力して、身体が適応し、適切に治癒するための理想的な反応を生成します。 神経エンド免疫学の新しい研究研究は、身体システム間のこの親密なつながりを注意深く見ています。 脊髄亜脱臼による神経機能障害は、体にストレスがかかるだけでなく、免疫応答が不十分になる異常な修飾を引き起こします。 カイロプラクティック調整は、亜脱臼を減少させ、神経系、内分泌系、および免疫系の協調反応を増加させることが示されています。 クライアントは、上部頸部の脊髄亜脱臼と診断されました。 彼女はカイロプラクティックケアを開始し、2か月の期間で全体で24回見られました。